スポンサードリンク
   


車椅子で行けるバリアフリーな紅葉の観光名所(京都のお寺)


車椅子で行けるバリアフリーな紅葉の観光名所(京都のお寺)

京都の観光名所のお寺に、紅葉を見に行きたい。でも、車いすが必要。バリアフリー情報が知りたい。そして、比較的人が少ないほうがいい。ハンディキャップの有る方や 高齢者にも 是非 京都の観光、そして、京都のお寺の紅葉を楽しんでほしいです。

以下に、京都で、車椅子でも観光できる紅葉の名所の、候補を挙げます。
バリアフリーと言っても、個人差や、詳細が違うので、下調べをして、普通に、京都のお寺紅葉情報も参考に、そして、綺麗な京都の、すてきな紅葉が見られますように・・・・

車いすのまま 内部まで行くことができるので、要チェック!
・上賀茂神社→下鴨神社→銀閣寺→哲学の道→法然院→知恩院
・御香宮神社→勧修寺→随心院→平等院→宇治上神社
・三千院→神光院→金閣寺→北野天満宮→西陣織会館
・本能寺→二条城→東映太秦映画村→車折神社→天竜寺
・知恩院→八坂神社→清水寺→三十三間堂→二条城
・光明寺→乙訓寺→勝持寺→大原野神社→長岡天満宮

その他のおすすめ
京都天竜寺の紅葉

posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 車椅子で行けるバリアフリーな紅葉の観光名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良の紅葉デートスポット(壺坂寺の紅葉)


壷阪寺は奈良の紅葉デートスポットとしても有名です。
壺坂寺は、秋には境内一円のもみじの紅葉や周辺の山々の紅葉により、山寺独特の鮮やかな紅葉の風景となってが広がります。壺坂寺の寺伝によると大宝3年(703)に元興寺の弁基が山中での修行中に、水晶の壺の中に観音菩薩を感得し、それを坂の上に置いて観音像を刻んで本尊としたのが始まりとされています。

境内で一番目を引くのは、像高20mのインド天竺渡来の大観音石像。大きいだけに荘厳な雰囲気をかもし出しています。お釈迦さまの一代記を表わす10枚のレリーフ、総高15mの大釈迦如来石像、スツーパを納めた大石堂などの巨大な石造物があり、紅葉のデートスポットをさらにもりあげます。


また、壺坂寺からは、北方への視界が開け、畝傍山から甘樫丘、明日香の里を始め、遠く二上山、葛城山、生駒山も一望できて、奈良の紅葉デートスポットとしての役割をさらに果たしています。

そして、壺坂寺は、西国三十三ヶ所の第6番札所でもあります。

壺坂寺の礼堂に続く本堂八角円堂には、十一面千手観世大菩薩がご本尊としてまつられています。殊に眼病に霊験あらたかな観音様として、広く信仰を集めてきました。

この壺坂寺の本尊十一面観音は眼病に霊験があるといわれ、お里・沢市の夫婦愛をうたった人形浄瑠璃『壺坂霊験記』の舞台としても有名です。

寺の麓に住んでいた盲人の沢市とその妻お里の夫婦愛を描いたもので、毎晩家を抜け出すお里の浮気を疑った沢一が、実は夫の眼が治るようにと観音様に願掛けしていることを知って裏山の谷に身を投げる。嘆いたお里が後を追ったところ観音様が現れて二人を救い、沢一の眼も見えるようになるというロマンティックな物語。境内には二人の道行きの像も立っています。






posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 奈良の紅葉スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉デートスポット(下鴨神社)


京都の紅葉デートスポット(下鴨神社)京都最古の、いや、日本最古の神社の一つで、太古から原生林が残る糺の森(ただすのもり)が神社へと続きます。下鴨神社の紅葉は、極彩色の紅葉のトンネルとイチョウの黄金色が秋の名物でとてもきれいです。見頃は、例年12月上旬から中旬、色づき出すのが遅いため紅葉目当ての参拝客は多いが、境内が広く、人々は分散され、混雑が少ないので、比較的、ゆっくりと紅葉デートを楽しめることでしょう。京都の下鴨神社の紅葉は、参道に色づく、約40種もの落葉樹の多彩なグラデーションのトンネルがきれいです。人気の秘密は、縁結び。縁結びの御利益があるとされている相性社は女性やカップルに大人気です!
京都の紅葉を楽しみデートしながら、縁結びをお願いするそんなデートスポットはいかがですか。
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 京都の紅葉を見ながらデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸布引ハーブ園ロープーウェイから見る紅葉


神戸布引ハーブ園ロープーウェイから見る紅葉は眺望抜群で最高のデートスポットです。神戸の港町が広がる空中から望む紅葉!とくに、夕暮れ時には、夕焼け色に染まる空と、紅葉の赤が、見事に共演して楽しめます。ロープーウェイで移動しながら見る眺望抜群の神戸の港町と、ロープーウェイのゴンドラから見下ろす紅葉がおすすめです。
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 神戸の紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の8月から9月に行けるツンドラ紅葉(1年間に2週間だけ 赤に染まる大地と秋のオーロラ観光)


ツンドラ紅葉紀行8日間というツアーがありました。

1年間に2週間だけ 赤に染まる大地と秋のオーロラ観光というタイトルで、1年にたった2週間だけ
という言葉に惹かれますよね。

以下は一例です。
■9月1日(水)出発 8日間   ツンドラ紅葉のピークは例年、8月下旬から9月上旬です
東京(成田)より生涯感動スタッフが同行します。こんな感じです。

1年間にたった2週間だけ、生命の輝きを見せるツンドラ紅葉。永久凍土を真っ赤に染める圧倒的な風景は、普段は忘れがちな心からの感動を呼び起こします。

ぜひ、観光してみたいです。

日中は紅に染まる大地のじゅうたんを、夜は極北の夜空に舞うオーロラを見ることができる 、この時期・この場所限定のツアー、紅葉と、オーロラをダブルで楽しむというのは一石二鳥ですね。

また、古き良き時代を色濃く残すドーソンの街では、ゴールドラッシュの時代が体験できます
人々が夢を持ち、熱く輝いた街で、その時代に思いをよせる一瞬が心地よい時間となる事でしょう
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 海外の紅葉バスツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

ひまわり証券とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。