スポンサードリンク
   


京都東山の清水寺で紅葉デート、ライトアップを並ばすに見る!


京都東山の清水寺はデートスポットとしても活用できますが、紅葉の時期は混雑していますよね。紅葉デート、ライトアップを並ばすに見る!京都東山のデートスポット清水寺のライトアップは、人気スポットゆえに、継続的に混雑しています。清水寺のライトアップを並ばずに見る方法は、ずばり、人がひきはじめる20:30ごろに受付をすることです。清水寺の受付終了時刻前だと、人がひき始めてゆっくりと見られるわけです。

また、清水寺の紅葉ライトアップは順路が決まっているので、紅葉の絶景を全部見て回れます。ただし、見逃さないように、絶景ポイントをチェックして、集中的に、ゆっくりと見ましょう。いろいろな角度から見ると景観の印象も異なり趣があります。

ポイントは3つあります。一つ目は、入り口から見る仁王門と紅葉のコラボレーション。デートが盛り上がります。二つ目は、阿弥陀堂から本堂方向の紅葉。紅葉を間近で見ることが出来、とても明るくライトアップの演出が際立ちます。三つ目は、放生池前から見る三重塔と紅葉。池の周辺にも紅葉が点在し見事です。三重塔までを視界に入れた光景は、まさに神秘的!

紅葉のライトアップ時は、ぜひ、タイミングを見計らって、並ばずに、京都東山の清水寺で紅葉デートを楽しんでくださいね!
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 京都の紅葉みごろ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車椅子で行けるバリアフリーな京都の紅葉の観光名所(金閣寺)


車椅子で行けるバリアフリーな京都の紅葉の観光名所情報(金閣寺)
京都金閣寺の周囲や境内は浅い砂利道になっています。トイレは駐車場の先に多目的バリアフリーなトイレがあるので、ついでに拝観前にすませておくとよいと思います。駐車場は、観光バス駐車場の端、入口に近い付近に障害者用駐車場があります。車椅子で見学される場合、帰路が山腹を通るコースとなるため、入口に戻って出るようになります。庭園周辺に特に、障害物はないので、車椅子でも安心して、京都の観光名所、金閣寺の散策をご堪能ください。
京都金閣寺の基本データ
時間 9:00〜17:00
料金 400円(小中学生300円)
障害者手帳 提示の方は料金300円
電話 075-461-0013
所在地 京都市北区金閣寺町1
実際に、金閣の紅葉を車椅子で楽しまれる際は、電話で、混み具合などを確認してくださいね。

京都でもあまりに有名な金閣寺。正式名称は「鹿苑寺」ですが、お釈迦様の骨をまつったと言われる黄金に輝く舎利殿(金閣)があまりに有名なため、金閣寺と呼ばれるようになりました。金閣が最も美しく見えるのは鏡湖池の南側。太陽が背に来る昼過ぎ頃が、脚光で金閣を眺められるベストの時間帯と言われています。臨済宗相國寺派の禅寺です。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われ、世界文化遺産に登録されています。秋には美しい紅葉を楽しむことができます。西園寺公経の山荘を足利義満が別荘北山殿とした北山文化の中心です。
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 車椅子で行けるバリアフリーな紅葉の観光名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉ライトアップ(曼殊院門跡)


京都の紅葉ライトアップ必見曼殊院門跡!紅葉のデートスポットとして、やや穴場です。例年の見頃は、11月中旬から下旬、真っ赤に染まったカエデと、樹齢400年のマツの緑が織りなす景色は、ライトアップされる夜がお勧めです。曼殊院門跡は、名勝庭園にも指定されている庭園を、大書院に座っての鑑賞も可。
2012年の紅葉ライトアップ情報は、
期間11月1日から30日
時間17時から21時
料金600円
場所 左京区一乗寺竹ノ内町42

京都の紅葉ライトアップ必見曼珠院跡は樹齢400年のマツとカエデが共演しているさまが見もので、こうy等のデートスポットのやや穴場としてぜひ活用してくださいね。
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 京都の紅葉みごろ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都でイチョウの紅葉を見る(東本願寺)


京都でイチョウの紅葉を見るには、東本願寺があります。東本願寺のイチョウの紅葉の見頃は、例年11月の下旬から12月の上旬にかけてで、イチョウのみです。

東本願寺には、京都産大門の一つ御影堂門(ごえいどうもん)があり、その正面では、噴水の両サイドでイチョウが色づきます。

東本願寺は、貴重な歴史的建築物が点在する真宗大谷派の本山です。東本願寺の紅葉、イチョウが色づき、建物とイチョウのコントラストを心ゆくまで、楽しめます。

ここで、さり気なく紅葉デートを楽しんでみてくださいね!

ミニ知識
イチョウは、中国産の落葉高木で、室町時代から
日本各地に植えられている。扇型で、中央部が二浅裂する葉が特徴。長寿で、成長すると、幹周が、10メートルを超える巨木になります。
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 京都の紅葉みごろ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉を煮ながらデート(天龍寺塔頭宝厳院)


京都の紅葉を見ながらのデートスポットとして、嵐山、嵯峨野の天龍寺塔頭宝厳院の幻想的なライトアップをおすすめします。
この、京都嵯峨野の天龍寺塔頭宝厳院の紅葉の見頃は、例年11月下旬から12月上旬となっていますので、この頃に紅葉狩りや紅葉デートをおすすめします。紅葉する樹木の品種は、主に、イロハモミジ、やヤマモミジで、約300本!天龍寺塔頭宝厳院の紅葉の特徴は、なんといっても、巨岩、碧眼と紅葉が融合し、光りに包まれた、趣きのある、幻想的で、ロマンティックな雰囲気に酔うことができる点です。嵐山、嵯峨野方面なら、ぜひ紅葉デートに使ってください。天龍寺塔頭宝厳院は、京都でも、屈指の人気の紅葉スポットで、特に、春と、秋だけに特別公開されています。ライトアップは、荘厳で、約700基のライトで、約300本のモミジを照らし出し、路地行灯がともる参道の紅葉もライトアップされています。この参道のライトアップを抜けると、ラストのライトアップとして、巨岩と紅葉が光りに包まれる幻想的な雰囲気の光景が広がっています。
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 京都の紅葉を見ながらデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

ひまわり証券とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。