スポンサードリンク
   


紅葉する樹木の植え方と育て方


紅葉する樹木の植え方と年間通した育て方をお伝えします。

紅葉する樹木は日照を好みます。日当たりのよい場所に植え、育てましょう。

夏の強い日ざしは樹木の葉焼けの原因になり、土壌の乾燥は樹木の葉の枯れこみの原因になります。


冬期(12月〜2月)

寒さも厳しくなるこの時期は、水やりを注意します。日中に土壌が乾いたらたっぷりと与え
日が落ちた後の水やりは土壌が凍結する可能性のある時期は、危険ですので散水の時間帯に注意しましょう。 

春期(3月〜5月)

寒さが和らぎ生長が一段と進むこの時期、土壌の乾燥に注意しましょう。
植え替えは3月中がベストです。4月中旬から5月下旬の植え替えは新芽を傷める事があるので避けるようにしましょう。

またこの季節になると害虫(アブラムシ)が現れ出しますので薬剤散布を施し対処しましょう。


夏期(6月〜8月)

梅雨そして厳しい日差しの注ぐ夏を向かえ、管理も気を使う季節になります。
雨の多い梅雨の間は、日照が少なく、病気(うどんこ病)が発生する事が多くあります。

殺菌剤散布で対処しましょう。

害虫(カミキリ虫等)により、葉や幹をかじりますので、見つけ次第退治しましょう。

真夏は土壌の乾燥に注意し、涼しい時間帯にたっぷりと水を与えて下さい。


秋期(9月〜11月)

徐々に暑さも和らぎ、魅力的な紅葉の季節となります。
紅葉を楽しむ為に植え替えは禁物です。害虫(カミキリ虫)の発生があります。
葉が食べられてはせっかくの紅葉も半減してしまいます。見つけ次第退治しましょう

posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉する植木の植え方


紅葉する植木の植え方のちょっとポイントです。

一番のポイントは、地域の気候や環境にあった植木を選ぶということです。植木は小さな草花と違い、そう簡単に植え替えられるものではないからです。単に花が可愛いから、実がなるからと闇雲に植木を植えると、後で大変な事になりかねないので、植木選びにはじっくり時間をかけましょう。

植木の植え場所と目的を明確に
また、どんな場合も忘れてはいけない点は、植木を植える場所と目的を明確にしておくことです。例えば「勝手口前の目隠しに」というのであれば、常緑のヒバの類や落葉してもあまり透けないドウダンツツジなどを、「玄関前にシンボルツリー」をというのであれば株立ちの姿が美しいハナミズキやナツツバキ……というように、植え場所と目的によって植木(樹種)を絞り込んでいくことができるからです。

ご近所のお庭を参考にする!。

どんな木が地域の気候にあっているのかは、植木(苗木)を取り扱っているお店であれば相談に応じてくれるはずですから、お店の方に一声かけてみましょう!
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉と歌と童謡と


童謡・唱歌
紅葉(もみじ)
作詞:高野辰之
作曲:岡野貞一

秋の夕日に照る山紅葉(やまもみじ)
濃いも薄いも数ある中に
松を彩る楓(かえで)や蔦(つたは
山のふもとの裾模様(すそもよう)


渓(たに)の流れに 散り浮く紅葉
波に揺られて 離れて寄って
赤や黄色の 色さまざまに
水の上にも 織る錦
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

ひまわり証券とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。