スポンサードリンク
   


京都でイチョウの紅葉を見る(東本願寺)


京都でイチョウの紅葉を見るには、東本願寺があります。東本願寺のイチョウの紅葉の見頃は、例年11月の下旬から12月の上旬にかけてで、イチョウのみです。

東本願寺には、京都産大門の一つ御影堂門(ごえいどうもん)があり、その正面では、噴水の両サイドでイチョウが色づきます。

東本願寺は、貴重な歴史的建築物が点在する真宗大谷派の本山です。東本願寺の紅葉、イチョウが色づき、建物とイチョウのコントラストを心ゆくまで、楽しめます。

ここで、さり気なく紅葉デートを楽しんでみてくださいね!

ミニ知識
イチョウは、中国産の落葉高木で、室町時代から
日本各地に植えられている。扇型で、中央部が二浅裂する葉が特徴。長寿で、成長すると、幹周が、10メートルを超える巨木になります。
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 京都の紅葉みごろ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

ひまわり証券とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。