スポンサードリンク
   


車椅子で行けるバリアフリーな紅葉の観光名所(高千穂峡)


車椅子で行けるバリアフリーな紅葉の観光名所(高千穂峡)
高千穂峡は、V字型の深い渓谷で、阿蘇溶岩の浸食によってできた高さ80〜100メートルにも及ぶ奇岩や柱状節理の断崖で、およそ7キロメートルにわたって続いています。千古の謎を秘めた深淵や湧く岩清水が初夏の新緑、秋の紅葉に映え雄大にしてすがすがしい景観の観光名所です。ボートから望む柱状節理の断崖と真名井の滝は、神秘的なたたずまいをかもしだし圧巻です。溶岩の浸食による柱状節理の断崖が渓谷をまたぐ御橋のすぐ上流にある真名井の滝の周辺は、とくに美しいです。五ヶ瀬川が阿蘇溶岩を浸食して生まれたV字型の渓谷です。真名井の滝は日本の滝100選に選ばれ、この滝の下を手漕ぎボートで遊覧もできます。

またこの地域では、毎年冬になると主に民家を神楽宿として夕方から翌朝まで夜を徹して神楽33番が舞われます!

高千穂峡施設基本データ
電話番号■ 0982-73-1212(商工観光課)
Fax番号 ■ 0982-73-1234
住所 ■ 〒882-1101 宮崎県高千穂町三田井御塩井
営業時間■ 8時30分〜17時30分
休日 ■ 年中無休
トイレ ■ 男女共用  男女共用2 女性用

高千穂峡の車椅子バリアフリー情報
高千穂峡の主要施設に1番近い駐車場は、1日500円の有料駐車場です。
2台分の車椅子用駐車スペースが設けられており、この駐車場の奥に障がい者用トイレがあります。
車椅子用駐車場から料金所の後ろを通り主要施設へ移動しますが、通路は少し幅が狭くなっています。
近くに、高千穂峡の物販施設と飲食施設があり、県内外より来られた観光客で常ににぎわっています。
高千穂峡の敷地内に淡水魚水族館の施設があります。入場料が大人:300円となっています。
「御橋」の上よりボート乗り場が先のほうに見え、常に多くの観光客が利用しています。「御橋」の上から高千穂峡の有名な滝が見えます。駐車場側より「御橋」を渡ると、右側の方にも物販、飲食施設があり、 こちらの敷地にも障がい者用トイレがあります。備考:車椅子用駐車場は平坦ですが、下の施設までの高低差が大きく通路が急勾配になっているので、 車椅子での移動の際は介助が必要になります。(お出かけの際は、問い合わせ、または、下見をしてくださいね)
posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 車椅子で行けるバリアフリーな紅葉の観光名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

ひまわり証券とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。