スポンサードリンク
   


楓と紅葉の違いについて


紅葉(コウヨウ)と紅葉(モミジ)、楓(カエデ)と紅葉(モミジ)の違いは?

日本の秋はやはり紅葉狩りや紅葉見物が良いですね。紅葉狩りに行かれる方も多いことでしょうね。

そこで 楓と紅葉(カエデとモミジ)の違い について

楓「かえで」の語源は葉の形が蛙の手に似ていることに由来し、万葉集では紅葉「もみじ」と共に楓「かえるで」の表現があります。植物分類上はカエデ科カエデ属に属する樹木で、この中にイロハモミジ、ヤマモミジ、イタヤカエデ、ハウチワカエデなどがあります。これが、一般的に言われていることです。

しかし、植物分類上では楓(カエデ)と紅葉(モミジ)は区別はしません。したがって、分類上は楓と紅葉の違いはありません。
植物学的には紅葉(モミジ)も楓(カエデ)も楓「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物です。モミジという科や属はありません。

赤や黄色に色が変わる科学的理由は
葉が赤くなるのは葉の中の緑色のクロロフィルが分解して赤いアントシアンが生成されることでおこる。黄色の方は緑のクロロフィルが分解して黄色のカロチノイドが残るから黄色くなるからです

ただし、園芸上や盆栽の世界では葉の切れこみ数、切れこみ具合によって明確に区別しているようです。
イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなど葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものをモミジと呼び、それ以外のトウカエデ(切れ込みが3つのもの)などをカエデと呼んでいます。

posted by 紅葉の時期京都神戸のお勧めなど紅葉の楽しみ方 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

ひまわり証券とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。